道具

鳩による被害は深刻化する恐れがある|駆除して解決

害虫を見つけたら

ハチ

うかつに近づくのは危険

スズメバチは、ハチの中でも獰猛で強力な毒を持つことで知られています。刺されることで命に危険が及ぶこともあるのです。巣を見つけたら近づかないことが被害に遭わない第一条件です。気づかずに近づいてしまったら静かにゆっくりとその場を離れることが大切です。走ったりしたら大群で襲ってくる可能性があるからです。スズメバチは、厄介なことに住宅の近くに巣を作る習性があります。気づいたら裏庭に巣ができていて、かなり大きくなっていたということがよくあるのです。スズメバチは、6月頃から働き蟻が羽化し9月頃までその数は大量に増えていきます。繁殖が活発になることで攻撃性も高まります。巣を見つけたら早めにスズメバチ駆除を行うことが必要です。

退治の方法とは

スズメバチに刺された場合、過剰な免疫反応を起こして嘔吐や呼吸困難などを引き起こしてしまうことがあります。被害に遭わないためにもスズメバチ駆除は専門の業者に頼む方が安全です。やむを得ず行う場合は、ハチ駆除用の防護服や分厚いジャケットなどを着ます。頭もネット付きの麦わら帽子やヘルメットなどを着用して肌の露出を徹底的になくします。赤や黒などの色はスズメバチを刺激するので白を着ることが必要です。スズメバチ駆除は夕方から夜間に行い、懐中電灯で照らしたりするとハチを刺激するので控えましょう。少し離れた位置から殺虫剤を噴霧して巣からハチが出なくなるまで続けます。ハチが出なくなったら巣を棒で落としてゴミ袋に入れたらしっかり口を閉じてスズメバチ駆除は完了です。